こんにちは  苗村京子です

2015年春の統一地方選の県議選で惜敗。今も生活相談などで市民の声を伺っています。 すこしずつ、自分の感じていることをお知らせしたいと思います。よろしくお願いします。
 
2017/12/12 5:33:05
2日続けて日本共産党を知ってもらう活動を
昨日、一昨日と三郷市内で開かれた望年会、地域のつどいに参加しました。
一昨日は、みさと団地の党が主催した望年会。
オープニングは、今年の夏の市議選で、見事、初当選を果たした深川智加議員の活動を写真で描いたスライド。
残念ながら、彼女は議会準備のため、参加をされませんでしたが、本当に頑張ったことを振り返りました。
そして、わたしからは、総選挙のお礼。参加者全員の自己紹介では、日本共産党に対する質問や思いなどを伺い、疑問には、わたしをはじめ、党員のみなさんから答えるという形ですすめられました。
感想では、投票日当日は、議席が減ったことに本当にショックだった。とみなさんが話してくれました。子育て支援も必要だけれど、年金者のことも本当に考えてくれなくては困る。と切実な話も出ました。党名はやはり、変えてほしい!ということも言われました。
みなさんが、日本共産党の躍進を願ってくれていたことが本当にうれしい来年を望むにふさわしい「望年会」でした。
昨日の午前中は、地元の早稲田で二人の読者に力をかりて、つどいを開きました。
読者宅で党員は、Fさんとわたし。読者ふたりとご近所の親しい方を呼んでくれました。
午前9時から始まった今度は、つどいらしく、「小池さんになんでも聞いてみよう」からスタート。ここでも低所得の人の施策を考えてほしいなどの声がたくさん上がりました。
参加者の戦争は嫌だとの声にしっかりと応えていきたいです。
そして、地元の問題でも頑張る共産党に期待がたくさん、あることを改めて知りました。
お読みいただきありがとうございます。